数秘とITとサーフィンと

〜鎌倉からちえぞーより愛を込めて〜

【独】私がネットワークビジネスに誘われた話その1

一時期話題になってたので、今更ながら自分の話を投稿します。

最初に申し上げますと、ネットワークビジネス煙草の煙と同じくらい大っ嫌いですので、そこは事前にご理解頂いた上でお読みください。

 

私のキャラを良くわかっている人は、私には声かけてきませんが、
過去に2人だけ、声をかけてきた人がいますので、その手口?を振り返ってみました。

 

<その1>会社の同僚(男)の話
今から10年ほど前かしら。

 

私はSE(プログラマ)として、色んなプロジェクトに携わります。
プロジェクトが変わる都度、知り合いが増えていって楽しいのですが、、

 

ある時、一緒に仕事はしたことがないけど、顔くらいは知っている男性からメールが来ました。Aとしましょう。(名前なんてもう忘れたわw)

Aさんはまあまあ仕事ができて、意識高い系の男性。

ついでにプライドも高かった

 

◆ファーストコンタクト

以下全てメールのやりとりです。

A:ちえさん「金持ち父さん貧乏父さん」って読んだことあります?ちえさんこういうの好きかと思って。

:お~なんか聞いた事あるよ~なんかベストセラーになってるよね、読んでみるよ。

 

後日)
:読んだよ~面白かったよ。そういう考え方した事なかったから目からウロコだった。

A:さすがちえさん!お勧めしたかいがありました!その本の話でもっと深く語りたい事があるので、今度お茶しませんか?

:(ん、なんだその展開?あらやだ、彼と別れたばっかりだからってあたしの事狙っているの?全然タイプじゃないけど困ったわねえ。。。←貧困な発想w)
はあ、まあ、いいけど、どうしたらいい?

 

A:じゃあ品川にある〇〇っていうラウンジで〇日〇時で待ち合わせしましょう~

:あ、はい(え、ラウンジ?完全に怪しい、勧誘臭い、間違いない)

 

怪しいと思いつつ、当時断る勇気のなかった小心者の私は、十分に警戒しつつ待ち合わせ場所に。

 

A:ちえさん!お疲れ様です!さっそくですが「ケイヒドク」って知ってます?

:(でたー!でました!やっぱりねぇ)あ、知ってるけど興味ないけど。一切。

 

一生懸命、こうすれば儲かるだかなんだか目をキラキラしながら話していたけど、私は既に死んだ目で無反応状態www

私の完全に興味ナッシング全開で察したようで、すぐにお開きになりました。


そんなにいい商品なら、普通に販売せえやって話。
普通の販売ルートを使ってない時点で、やましい気持ち隠してんじゃんそれ!
わかるよ~皆で(やれば怖くないし)ハッピーになろうちゅうんでしょ~

皆あなたの前から去っていきますから!

 

◆その後

Aは退職したようです。

ただ、元々Aに声をかけた親分B(同僚の女性)に巻き込まれた人たちはこぞって仕事を辞めていってしまいました。。

そのまま会社にいれば将来有望と思えた男性Cが消えた事も残念だし、会社辞めたらやばそうな仕事が全然できなかったDも辞めてしまった。。

まあどんな人生行くかも自己判断だししゃーなし。

 

◆まとめ
金持ち父さん貧乏父さん」「経皮毒(ケイヒドク)」は当時勧誘に使われていたキーワードのようで、周りでも誘われたと相談に乗ることがありました。

今は知りませんが、やつらはなんらかの作戦使ってあなたに忍び寄ります!

皆さん気をつけましょう~

 

もう1人声掛けてきた人の話もまた気が向いたらします。

 

以上、独り言おわり。

 

私(ちえぞー)について